アパート・マンションへの太陽光発電の導入を検討しませんか?

アパート・マンションへ太陽光発電を導入することで、オーナー様に様々なメリットがあります。
光熱費の節約をアピールして空室対策の切り札に、また大容量の太陽光発電をオーナー様宅で利用すれば売電収入も期待できます。
また、国や自治体からの法人向けの支援制度を受けることが出来ます。

  • 設置が10kw以上なら、
    以下の制度が利用できます。
太陽光発電の売電収入は、新たな収入源に!
個人宅で導入が進んでいる太陽光発電ですが、アパート賃貸住宅でも設置されるオーナー様が増えてきました。
発電した電気を売電することで家賃以外の新たな収入源となっています。これは空室対策の手段として非常に有効です。
アパートに導入することでどのようなメリットが生まれるのか、具体的に説明します。

アパートで導入する場合、
発電した電気を共用部のみで使うプラン各戸で利用するプランがあります。
共用部のみで利用する場合、発電した電力は共用設備で使われます。
使われずに余った電力は余剰電力として売電され、この売電がオーナー様の収入となります。
また、昼間の共用部の消費電力が少なければ売電収入は増える可能性があります。
賃貸では設置できる屋根スペースが個人宅より広いため太陽光パネルを多くのせ、売電収入もその分多く得ることができます。

各戸に電力を割り振れば更なる空室対策に!
各戸で利用する場合、太陽光で発電した電力を振り分けて供給します。
各戸で利用せずに余った電力は売電し、入居者がその収入を受け取る仕組みです。
これは入居者獲得の決め手になります。
月々の電気代を安く抑える事ができ、場合によっては収入を得る事もできるというメリットはとても大きく、
家賃設定の高さや立地条件などマイナス要素がある物件でも入居者の心をとらえることができるはずです。